RSS

コラム一覧

読みたいカテゴリをクリックして下さい。

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.06.22

    光る深海ナマコがいる!?

    (EX MOVE 深海の生きもの)P73に関連 ナマコのなかまは浅い海にもいますが、深海にもさまざまな種類のナマコがくらしています。 そのなかに、名前の通り体が寒天のように透き通ったカンテン...

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.06.16

    深海生物の名前はどうやって決めるの?

    (EX MOVE 深海の生きもの)P34に関連 生きものには、ラテン語で表記される世界共通の「学名」や、日本で使われる「和名」、海外で使われる「英名」など、さまざまな呼び名がつけられています...

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.06.16

    貝なの?タコなの?海をただよう珍生物「アオイガイ」

    冬の砂浜を歩いていると、白くすきとおったたとてもきれいな貝がらを見かけることがある。

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.06.09

    リュウグウノツカイを食べてみたら…!?

    (EX MOVE 深海の生きもの)P28に関連 〈リュウグウノツカイのお刺身!?〉 細長い銀色の体に、あざやかな赤いひれをもつ深海魚のリュウグウノツカイ。 昔の人々はこの魚を見て人魚とかんち...

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.06.02

    大人と子どもで見た目がまるでちがう魚って!?

    (EX MOVE 深海の生きもの)P45に関連 〈ウナギの子ども時代は透明!?〉 ウナギといえばだれでも、細長いヘビのような魚を思い浮かべるでしょう。 しかし子ども時代のウナギのなかまは、大...

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.06.02

    墨にかくれるかしこいイカもいる!?

    (EX MOVE 深海の生きもの)P63に関連 生き物はいろいろな方法で敵から逃げます。 イカは自分で吐いたスミをおとりにして、敵の眼をそらして逃げるという技を持っています。

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.05.26

    えものを感知するスゴ技!?

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.05.26

    アンモナイトの生きのこり?生きた化石オウムガイ 後編

    つかまえたオウムガイを水そうに入れて観察してみよう。 ふだんオウムガイがくらしている深海の水温はとても冷たい。 だから水そうの水は氷でひやしておかないとすぐに元気がなくなってしまう。

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.05.19

    ダイオウホウズキイカのつめの大きさはどれくらい!?

    (EX MOVE 深海の生きもの)P60に関連 〈数個体しか捕獲されていない巨大イカ!〉 ダイオウホウズキイカは、全長4.5m、体重500㎏にもなる世界最大級のイカです。 南極海の深海にすむ...

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.05.10

    ミズウオの胃に入っていたものとは!?

    (EX MOVE 深海の生きもの)P47に関連 ◆なんでも飲みこむ大食らいの魚◆ 大きな口とするどい歯をもち、なんでも食べてしまう深海魚のミズウオ。 この魚の胃を調べると、ふだん私たちには見...

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然
    動物

    2017.05.10

    マッコウクジラはどうして深海にもぐれるの?

    (EX MOVE 深海の生きもの)P23に関連 ◆マッコウクジラはヒトと同じほ乳類◆ 歯のある生きものの中でもっとも巨大なマッコウクジラ。 巨大な体をささえる食べものは、ダイオウイカなどの深...

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.05.09

    アンモナイトの生きのこり? 生きた化石オウムガイ 前編

    5億年前から生きている! アンモナイトという生きものをしっているかな? 恐竜たちと同じ時代にくらしていた、貝がらをもったイカのようなどうぶつだ。 博物館で大きなカタツムリみたいな化石をみたこ...

  • 宇宙
    大自然
    星と星座

    2017.03.31

    地球に似た惑星を発見!

    2017年2月22日、「7つの地球型系外惑星が存在する」と、アメリカのNASA(航空宇宙局)が発表しました。 地球型惑星とは、おもに岩石や金属などでできている惑星で、「個体惑星」ともいいます...

  • 連載コラム
    生きもの
    昆虫

    2017.03.10

    ジャングル最強のいきもの グンタイアリの大あごのひみつ 前編

    世界でいちばん強い昆虫とはいったいなんだろう? 体の大きなカブトムシ? するどいまえあしで、ほかの昆虫をつかまえて食べるカマキリ? いやいや! アマゾンのジャングルには、そんな彼らですらにげ...

  • 連載コラム
    生きもの
    大自然

    2017.02.22

    海のオオカミ 後編

    3.眼がまるでカメレオンのように動く! 見とれていると、漁師さんが「オオカミは魚のくせにまばたきするからおっかねえよな」とつぶやいた。 まばたき?おかしいな。 魚にはまぶたがないから、まばた...

  • 動物

    2017.02.14

    シマウマのしま模様は敵に見つかりにくくするためではない!?

    ■シマウマは、なぜしま模様なんだろう? アフリカのサバンナにすむシマウマのしま模様。 いったいどうしてこんな模様なのか、昔から研究者はさまざまな理由を考えてきました。 なかでも、いちばん有名...

  • 連載コラム
    生きもの

    2017.02.06

    海のオオカミ 前編

    2015年の夏、僕は北海道の知床へオオカミウオという魚を捕まえに行った。 オオカミウオはオホーツク海などの冷たい海に棲む巨大なギンポの仲間で、体長は大きなものだと150cm以上にも達する。 ...

  • 宇宙

    2017.01.30

    宇宙船「こうのとり」宇宙ごみをなくす実験へ

    宇宙ごみとは、古い人工衛星やロケットの破片(はへん)で、「デブリ」と呼ばれます。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、宇宙ごみは地球のまわりを秒速約7キロの猛スピードで飛び、 大きさ1...

  • 宇宙
    星と星座

    2016.11.18

    巨大な月 スーパームーン

    「スーパームーン」とは、満月(または新月)と、地球のまわりを楕円(だえん)にまわっている月が、最大に見えることです。 スーパームーンという名前は、天文学界では使われていませんが、近年一つの天...

  • 2016.11.07

    驚異! 10ヶ月間もずっと飛び続ける鳥がいた!

    鳥といえば自由自在に大空を飛ぶことができる動物です。それでも、まったく休まずにずっと飛び続けることはさすがにできません。ところが、そんな常識をくつがえすおどろくべき研究結果が発表されました。...

  • 2016.09.07

    400歳のサメ見つかる!

    北大西洋に生息する大型のサメ、ニシオンデンザメが400年ちかく生きることがわかり、デンマークのコペンハーゲン大学のチームが科学誌「サイエンス」に発表しました。 ニシオンデンザメは、おもに冷た...

  • 動物

    2016.04.14

    野生のイルカ 死んだ母親の代わりに授乳・子育て

    一緒に泳ぐミナミハンドウイルカの「ほっぺちゃん」(上)と「リンゴちゃん」の子ども。2012年7月、伊豆諸島・御蔵島周辺で(近畿大学提供)

  • 生きもの

    2016.03.21

    さわるな危険!かまれたら死ぬ? 殺人ダコあらわれる

    不気味に模様が目立つタコ。模様がヒョウ柄のようにみえることから、その名もヒョウモンダコといいます。 もともと西太平洋からインド洋など、あたたかい海に生息しているタコで、日本では、沖縄や九州あ...

  • 植物

    2016.03.14

    光合成をしない植物 新種発見!

    屋久島で初めて見つかった植物 ヤクシマソウ(提供:神戸大学理学研究科・末次健司特命講師)

  • 宇宙
    星と星座

    2016.03.08

    世紀の発見! 重力波ってなんだ!?

    2016年2月11日、アメリカのレーザー天文台「LIGO(ライゴ)」の研究グループが、世界ではじめて「重力波」の観測に成功したことを発表しました。 アインシュタインが「重力波」の存在を予言し...

  • 生きもの

    2016.02.10

    クマムシ、30年半の時をこえてよみがえった!

    国立極地研究所は、今年1月、30年半ものあいだ、乾眠状態だったクマムシを、よみがえらせて、さらに産卵させることに成功しました。 このクマムシは、1983年11月に南極の昭和基地近くで採取され...

  • 大自然
    生きもの

    2016.02.04

    大きいことはいいことだ!? ギガントピテクス、大きすぎて絶滅

    ギガントピテクスは、身長は3m、体重は500Kgもあったとされている大型の類人猿です。しられている限り、史上最大のヒト上科動物であり、史上最大の霊長類といわれています。映画『キング・コング』...

  • 鉄道

    2016.01.29

    北海道新幹線、2016年3月26日にいよいよ開業

    かねてより建設が進められていました北海道新幹線の一部区間が、2016年の3月26日にいよいよ開業いたします。今回開業となる区間は新青森~函館新北斗間の148.8キロ。これにより新幹線がついに...

  • 鉄道

    2016.01.15

    千葉の山里にSLが走っている!?

    千葉県にある房総半島のまん中を、小湊(こみなと)鐵道という私鉄が走っています。五井から上総中野をむすぶこの鉄道に、実はこのほどトロッコ列車が登場いたしました。 「里山トロッコ」とよばれるこの...

  • は虫類・両生類

    2016.01.12

    ヘビのウロコに新発見!

    ヘビは、体をくねらせて、するするとさまざまな場所を移動します。木に登ったり、泳いだり、木から木へ飛んだりもできます。どうしてどんな場所でも、するすると動けるのでしょうか。 ヘビの体の表面は、...

  • 宇宙

    2015.12.28

    「はやぶさ2」地球スイングバイ成功! 進路「Ryugu(リュウグウ)」

    2015年12月3日、小惑星探査機の「はやぶさ2」が、地球スイングバイに成功し、無事に小惑星「Ryugu(リュウグウ)」に向かう軌道に乗って飛び立ちました。 地球スイングバイとは、探査機など...

  • 鉄道

    2015.12.22

    新幹線がエヴァンゲリオンに変身

    JR西日本の山陽新幹線は、全線開業から今年で40周年をむかえました。いっぽう、ロボットアニメの「エヴァンゲリオン」はTV放送開始から20周年をむかえています。 それぞれが節目となった2015...

  • 宇宙
    星と星座

    2015.12.22

    火星には今も液体の水が流れている!?

    (NASA/JPL/アリゾナ大学 提供) NASAが9月末、「火星に液体の水がある証拠を発見した」と発表しました。その証拠の鍵をにぎるのは、表面に見える「黒い筋」。 この筋の正体はいったい何...

  • 大自然

    2015.12.18

    3種の人類が数万年も共存していた!

    人類は、これまでさまざまな種が生まれては進化し、そして滅び、現在はわたしたち現生人類(ホモ・サピエンス)1種のみとされています。その進化の過程には多くの謎が残されており、今も研究が続けられて...

  • 2015.12.10

    顔を見分けることができる魚 プルチャー

    ヒトやチンパンジーをはじめ、霊長類は「顔のちがい」で相手を見分けています。 ほかにも、群れで生活する一部のほ乳類、鳥類ではカラスのなかまなどにも同じ能力があります。 魚類にも、相手を目で見て...

  • 恐竜

    2015.11.11

    長崎市内にある約8100万年前の白亜紀後期の地層から、ティラノサウルスのなかまの化石が発見されました。 化石は2つの歯で、大きさとかたち、出てきた地層をしらべたところ、ティラノサウルスのなか...

  • 動物

    2015.11.02

    サルがライチョウを食べる

    ライチョウは高山にすむ鳥です。絶滅してしまうおそれもあるため、国の特別天然記念物に指定されています。年々数がすくなくなるライチョウにおいうちをかけるようなことがおこっていました。 ニホンザル...

  • 大自然

    2015.10.28

    鹿島槍ヶ岳 国内4例目の氷河か

    みなさんは氷河が日本にもあるのを知っていましたか。 北アルプス鹿島槍ヶ岳の「カクネ里雪渓」で今まさに4つ目の氷河が確認されようとしています。 これまで日本には氷河がないとされていましたが、2...

  • 宇宙

    2015.10.22

    海におおわれた衛星エンケラドス

    写真提供:NASA/JPL-Caltech わたしたちの住む地球の外に、生命がいると思うとちょっとこわいけどワクワクしませんか。 エンケラドスは直径498kmほどの土星の氷の衛星です。月の直...

  • 生きもの

    2015.10.02

    シーラカンスに退化した肺があった!

    シーラカンスは恐竜とおなじ時代に絶滅したと思われていました。このころ絶滅したほかの生きもののように化石でしか見つかっていなかったからです。 1938年に南アフリカで生きている姿が発見され、そ...

  • 生きもの

    2015.05.27

    新種トップ10「アマミホシゾラフグ」 ミステリーサークルの動画はMOVEで!

    海底に美しい「ミステリーサークル」をえがく新種のフグ「アマミホシゾラフグ」が、国際的な研究組織がえらぶ「2015年世界の新種トップ10」にえらばれました! この新種のフグがミステリーサークル...

  • 大自然
    宇宙

    2015.05.06

    約11年ぶり! 北海道にオーロラ出現

    2015年3月18日の1時−4時にかけて、北海道でオーロラを観測しました。 人間の眼で見ることはできなかったようですが、なよろ市立天文台でオーロラの撮影に成功しました。 国内でオーロラが観測...

  • 恐竜

    2015.04.16

    謎の恐竜の正体がわかった!

    長年、長いうでの化石しか見つかっておらず、謎の恐竜とされてきたデイノケイルス(「恐ろしい手」という意味)のすがたが、ついにわかりました! 2006年と2009年にモンゴルのゴビ砂漠で、2体の...

  • 昆虫

    2015.03.05

    獲物の動きを予測するトンボの脳!

    トンボの目は、昆虫の中で最大といわれています。頭の半分ほどもある目は、レンズのはたらきをする六角形をした小さな目、個眼(こがん)が1万個以上集まってできています。これを複眼(ふくがん)といい...

  • 動物

    2015.03.05

    キタシロサイを守れ!

    画像「キタシロサイ」 世界中にたった6頭しか生存していなかった絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)のキタシロサイの1頭が2014年12月14日に死亡しました。 アメリカのカリフォルニア州サンディエ...

  • 宇宙

    2015.01.16

    小型着陸機「フィラエ」が世界で初めて彗星に着陸!

    10年の長い旅を経て目的の彗星にたどり着いた、欧州宇宙機関(ESA)の探査機「ロゼッタ」。 切り離された小型着陸機「フィラエ」が11月13日、世界ではじめて彗星に着陸しました! (上図はイメ...

  • 宇宙

    2014.12.12

    月の裏側のなぞ

    月をよく観察すると、暗いしみのような部分が見えますね。 日本では、ウサギが餅つきをしているように見える、と昔から言われてきました。 この暗い部分は、月をおおう地殻がとくに薄い部分です。もし月...

  • 宇宙
    生きもの

    2014.12.04

    宇宙生命の鍵をにぎる深海エビ

    写真提供:Chris German, WHOI/NSF, NASA/ROV Jason NASA(アメリカ宇宙航空局)が、宇宙における生命の可能性について、おもしろい発表をしました。2300...

  • 2014.12.03

    死肉を食べても食中毒にならないコンドルの謎

    コンドルは、動物の死体をおもな食べ物にしています。くさった肉には、炭疽菌(たんそきん)やクロストリジウム菌などの毒性の強い細菌がふくまれていることもあります。ほかの動物が、このような病原菌に...

  • 宇宙

    2014.11.30

    行ってらっしゃい!「はやぶさ2」の長い旅がはじまる

    小惑星探査機「はやぶさ2」がまもなく、地球の生命の起源を探る旅に出かけます。 水や有機物があると考えられる小惑星の地下の物質を採取し、 2020年に地球に持ち帰る計画です。

  • は虫類・両生類

    2014.10.20

    カメの寿命は万年?

    カメは長寿の象徴とされていますが、「万年」は生きません。しかし、動物の中ではとても長生きで、ペットとして飼われることがある『アカミミガメ(ミドリガメ)』の寿命は、40年以上です。また、私たち...

  • 人体

    2014.10.20

    静脈は何色?

    私たちの体には、血管がはりめぐらされています。 大人1人分のすべての血管をあわせると、10万kmという地球を2周できるほどの長さになるといいます。

  • 恐竜

    2014.10.14

    スピノサウルスは泳いでいた?

    白亜紀のアフリカにすんでいたスピノサウルスは、全長15mにもなり、背中に大きな帆をもつ獣脚類(じゅうきゃくるい)の史上最大級の肉食恐竜です。 大きさだけなら、ティラノサウルスをもしのぎますが...

  • 動物

    2014.10.14

    アフリカゾウはすごい嗅覚の持ち主

    アフリカゾウは、サハラ砂漠より南のアフリカで暮らす、最もからだの大きなゾウの仲間です。 このたび、さまざまな動物を対象に調査を行ったところ、どの動物よりも、アフリカゾウがすぐれた嗅覚をもって...

  • 恐竜

    2014.09.23

    ティラノサウルスのなかま 群れの足跡を発見!

    カナダにある白亜紀後期の地層から、ティラノサウスルのなかまが、群れて歩いていた足跡が発見されました。 この足跡の持ち主は、ティラノサウルスではなく、アルバートサウルスかゴルゴサウルス、あるい...

  • 宇宙

    2014.09.23

    どうして月にはうさぎの模様が見えるの?

    「うさぎの餅つき」「女性の横顔」「ロバ」「カニ」「ライオン」など、 むかしから人々は、月の模様を見て、さまざまな想像をふくらませてきました。 でもこの模様、いったいなぜこんなふうに見えるので...

  • 恐竜

    2014.09.12

    すべての恐竜に羽毛があった!? クリンダドロメウスの発見!

    ロシアのシベリア南東部で、約1億6000万年前のジュラ紀の地層から、新種の恐竜が発見されました。 全長1.5mほどの、2本あしで歩いていた植物食恐竜で、『クリンダドロメウス(クリンダ(地名)...

  • 生きもの

    2014.09.09

    宇宙でも生きられる!?「ネムリユスリカ」「クマムシ」

    宇宙空間には、空気もないし、つねに強烈(きょうれつ)な放射線が飛びかっています。人間は、宇宙服などの防護なしに、宇宙空間で生きることはできません。 しかし、生きもののなかには、そんな過酷(か...

  • 人体

    2014.09.01

    精子はらせん状にぐるぐるすすむ

    男性の精子と、女性の卵子が出会うことを、「受精(じゅせい)」といいます。 受精してできた受精卵が育っていくと、赤ちゃんになります。私たちはみんな、最初は受精卵だったのですね。 受精は、女性の...

  • 2014.09.01

    体温を保つクロマグロ

    広い大海原を泳ぎまわるクロマグロ。体長3m、体重350㎏以上にもなる巨体が、群れをなして泳いでいる光景はさぞかし豪快なものでしょう。 日本人とのつながりも古く、貝塚の中から貝殻に混じってマグ...

  • 昆虫

    2014.08.18

    メマトイと東洋眼虫

    メマトイを知っていますか? 山へハイキングやキャンプに行くと、目の周りを小さな虫がまとわりついてくることがありますよね。追いはらってもすぐにまたやってくる。そんな少々うっとうしいハエの仲間た...

  • 宇宙

    2014.08.03

    地球そっくりな惑星を発見!

    写真提供:NASA Ames 夜空を見上げてみてください。宇宙には数えきれないほどの星があります。 しかも、見えているのは太陽のように自分で光っている星だけ。暗闇の中にも、光を放たず見えてい...

  • 植物

    2014.08.03

    虫からキノコがはえるって、ほんとう?

    森の中をあるいていると、死んだ昆虫の体から、キノコがはえていることがあります。 それを『冬虫夏草(とうちゅうかそう)』といいます。 菌が生きた昆虫に寄生(きせい)して、殺し、その体を養分にし...

  • 人体

    2014.08.03

    『腸内細菌』と『免疫細胞』のふしぎな関係

    人体の腸の中には、100種類以上(500〜1000種類と言われることもあります)、合計100兆個以上の細菌がいます。 おならを作っているのが、この『腸内細菌』です。また、うんちの半分ほどは、...

  • 昆虫

    2014.08.03

    カブトムシで新発見! 「カブトムシのさなぎは、振動を起こして身を守る!?」

    昆虫のさなぎは動かない、と思われがちですが、カブトムシなど一部の昆虫のさなぎは、動いて音や振動を発します。しかし、その役割は、これまでほとんどわかっていませんでした。 ところが最近の研究で、...

  • 昆虫

    2014.08.03

    ホタルはなぜ光る?

    闇夜に舞うホタルの光は、初夏の風物詩の一つです。その光は、わたしたちを魅了してやみません。 しかし、ホタルは、もちろん人をよろこばせるために光っているわけではありません。ではいったい、何のた...

  • 恐竜

    2014.07.13

    始祖鳥には翼が5枚あった!?

    始祖鳥は、現在知られているもっとも古い鳥類です。翼には、かぎづめがあり、くちばしにも歯が生えていて、恐竜に近い、鳥類としては原始的な特ちょうを多くのこしていました。脳の容量もまさに恐竜と鳥の...

  • 2014.07.13

    メダカのほんとうの名前は?

    メダカと聞いて思い浮かべる情景は、水のぬるむ春先に小川や田んぼの溝などで、流れに向かって列を作って泳ぐ群れの姿ではないでしょうか。童謡の「メダカの学校」のように、ソッとのぞいているつもりでも...

  • 動物

    2014.07.13

    シマウマにバーコードリーダー?

    シマウマの縞模様はみなさん知っていますよね? あれって、バーコードみたいだと思ったことはありませんか? アメリカのイリノイ大学とプリンストン大学の研究は、なんとそんな発想を現実のものにしてし...

  • 宇宙

    2014.06.27

    真っ黒こげのカプセルの謎

    写真提供:NASA 宇宙飛行士の若田光一さんを無事に地球に帰還させた、ロシアの有人宇宙船「ソユーズ」。 今回は地球にたどり着いたカプセルを、くわしく観察してみたいと思います。 カプセルは釣り...

  • 人体

    2014.06.24

    プリンターで骨がつくれる!?

    人体には200個以上の骨があり、それによって私たちは体をささえたり、内臓を守ったり、運動したりしています。 しかし、生まれつき一部の骨がうしなわれていたり、病気や怪我によって骨の形がかわった...

  • 恐竜

    2014.06.06

    ティラノサウルスには羽毛が生えていたのか?

    最近の研究では、多くの小型獣脚類(じゅうきゃくるい)に羽毛が生えていたと考えられています。実際に、中国やモンゴルでは、多くの羽毛恐竜の化石が見つかっています。ティラノサウルスの祖先のなかま...

  • 昆虫

    2014.06.06

    さなぎの中はどうなっている?

    いもむしが美しいチョウになったり、角をはやしてカブトムシになったりするのは、いったいどんな仕組みがあるのでしょうか? チョウやカブトムシなど、「完全変態」をする昆虫は、さなぎのときに体を大...

  • は虫類・両生類

    2014.06.06

    カエルは雨が降ると鳴くって本当?

    カエルのオスは、メスを誘うときや、ほかのオスに縄張りを示すときなどに、大きな声で鳴きます。鳴くときには、のどやほおにある『鳴(めい)のう』というやわらかい皮ふの袋を大きくふくらませます。 ...

  • 昆虫
    人体

    2014.06.06

    モンシロチョウの翅(はね)は白くない?

    モンシロチョウの翅(はね)は白いのがあたりまえ。でも、モンシロチョウ同士では、ちがう色に見えているようです。 モンシロチョウをはじめとした昆虫の多くは、私たちヒトには見えない紫外線を見るこ...

  • 2014.06.06

    鳥は、なぜ鳴くの?

    新緑のなかで聞く美しい鳥の声は、とてもさわやかな気分にさせてくれますね。また、カラスのようにあまり美しくない声もあり、鳥の声はじつにさまざま。とにかく鳥は、とてもよく鳴く動物です。では、い...

  • 動物

    2014.06.06

    クジラ偶蹄目ってなに?

    ひとむかし前までは、ラクダやシカの仲間をふくむ「ウシ目(偶蹄目)」と、クジラやイルカのなかまを含む「クジラ目」は、別のグループと考えられてきました。 しかし近年の遺伝子解析によって、この2つ...

  • 生きもの

    2014.06.06

    伝説の生物、発見!?

    上の写真は、リュウグウノツカイという魚です。 大きいものは5mを超える大きな魚で、太平洋、インド洋、南アフリカ、地中海などの沖合の、中層から深海に住んでいます。 体は大きいのですが、なかなか...

  • 宇宙

    2014.06.06

    若田さん、お帰りなさい

    澄み渡った青空に、白い点がぽつり。よーく見ると・・・、それは白くて大きな パラシュートを広げた、宇宙飛行士たちを乗せたカプセルでした。 「若田さん、お帰りなさい」 国際宇宙ステーション(IS...

  • 大自然

    2014.06.06

    飛行機の行きと帰りの時間はどうしてちがうの?

    飛行機に乗ると、行きと帰りの時間がちがっていると感じたことはありませんか? 実は、西に行くときよりも、東に行くときのほうが、早く着きます。 東京―福岡間では、東京発―福岡行きがおよそ2時間か...

もっと見る

2015年発売の新刊情報

  • 講談社の動く図鑑 MOVE 動物 新訂版
  • 講談社の動く図鑑 MOVE 星と星座
  • 講談社の動く図鑑MOVE 鉄道

動く図鑑MOVE 商品一覧

講談社から発売している「動く図鑑MOVE」は全部で26冊

  • 講談社MOVE あそべるずかん はってはがせるシールブック きょうりゅう
    NEW
  • 講談社の動く図鑑 WONDER MOVE まるみえ図鑑
    NEW
  • 人体のふしぎ
    NEW
  • MOVE特別号 火山のふしぎ
    NEW
  • 深海のふしぎ
    NEW
  • 講談社の動く図鑑 MOVE 魚 新訂版
    NEW
  • 講談社の動く図鑑 MOVE 恐竜 新訂版
    NEW
  • 講談社の動く図鑑MOVE 危険生物
    NEW
  • MOVE 特別号 新発見の恐竜大集合!
  • 講談社の動く図鑑 MOVE 動物 新訂版
  • 昆虫のふしぎ2
  • 動物のふしぎ2
  • 恐竜のふしぎ2
  • 昆虫のふしぎ1
  • 恐竜のふしぎ1
  • 動物のふしぎ1
  • 講談社の動く図鑑MOVE 鉄道
  • 講談社の動く図鑑 MOVE 星と星座
  • 講談社の動く図鑑 WONDER MOVE 生きもののふしぎ
  • 講談社の動く図鑑 MOVE 植物
  • 講談社の動く図鑑 MOVE は虫類・両生類
  • 講談社の動く図鑑 WONDER MOVE 人体のふしぎ
  • 講談社の動く図鑑 MOVE 宇宙
  • 講談社の動く図鑑 WONDER MOVE 大自然のふしぎ
  • 講談社の動く図鑑 MOVE 鳥
  • 講談社の動く図鑑 MOVE 昆虫